意外と知らない美容師の仕事内容

美容師の仕事は、おもに美容室において、お客様の髪の毛のカット、ヘアカラー、ヘアセット、シャンプー、パーマなどの施術を行い、お客様を美しくするのが一般的な仕事です。
美容室では先ほどの説明した仕事内容だけではなく、トータルビューティーを売りにし、ハンドマッサージ、ネイル、エステ、まつげエステ、ヘッドスパといった特殊な仕事内容があります。
美容師の仕事はあくまでヘアスタイルに関するサービスが中心であり、ネイルなどの特殊なものは専門の方が施術を行うか、美容師プラスアルファで施術を担当する形になります。
美容師になってもランクにより、仕事内容も変わってきます。
まずはアシスタントから始まり、雑務をメインで働きます。
次にスタイリストになり、施術を一通り担当し、店舗の核となる仕事を任されます。
そこから店長になり、店舗の経営に携わる仕事に変わってきます。
このように美容師は色んな仕事内容があります。
出世していくうちに仕事量もハードになります。